ゆうログ

自己理解とか島旅とか。 30過ぎたサラリーマンが人生変えようと始めたブログ。

お金 自分

20代サラリーマンが初めて確定申告してみた

投稿日:

税務署

こんにちは。
ゆうです。

僕は昨日初めて確定申告をしてきました。いろいろとネットで調べたりしましたが、感想としては「意外と簡単だな」という感じです!

なぜ僕が確定申告をしたかというと、去年ふるさと納税をしたのと、残念ながら株の売買で損失が出たからです。それでは詳しく書いていきます。

確定申告とは

僕は専門家ではないのでざっくりとした理解になりますが、確定申告とは、「1年間の収支や控除から納税額を確定させて、税務署に報告すること」だと思っています。「これだけ収入があったので、税金はこれだけ納めます」ってことですね。

サラリーマンの場合は、給与から自動的に引き落とされる源泉徴収により、会社がまとめて納税しています。この時はだいたいの金額を毎月収めていて、年末に「年末調整」を行って、差額が戻ってきたりします。つまり、サラリーマン(年収2000万円以下)は会社経由で税金を納めているため、確定申告をする必要がないのです。

かくいう僕もサラリーマンなわけで、ではなぜ確定申告をしたかというと、今から書く2点についてメリットがあったからです。

ふるさと納税

まず1点目がふるさと納税です。だいぶ有名になってきましたが、皆さん詳細をご存知でしょうか?ざっくりとまとめると、自分の好きな地方自治体(市町村)に税金を納め、返礼品がもらえる制度という感じでしょうか。ここで大事なのが、納めた税金から2000円を引いた額が減税&還付されるという制度です。つまり、実質2000円で返礼品がいくつももらえるということなんです。返礼品には和牛1kgとか、カニ4匹とかいろいろとあるので、お得感がわかるかと思います。ただし、注意しないといけないのは、収入やその他の控除に応じて減税&還付される上限が決まるということです。この上限を超えた分は減税&還付されないので、しっかりと把握する必要があります。これ以上に詳しい話は機会があれば書きたいと思います。

さて、少し話が逸れてしまいました。ふるさと納税には、「納めるべき税金の一部を、自分の好きなところに納める」というプロセスがあることを知っていただけたかと思います。わかりやすい例を出すと、Aさんが、群馬県高崎市に住んでいるとします。そして、Aさんが納める住民税が10万円だったとします。通常ならばこの10万円はすべて高崎市に納めることになります。しかし、ふるさと納税の制度を利用すると、5万円を北海道根室市に納め、残り5万円を高崎市に納めるということができます。

ふるさと納税

今回の話で重要なのは、根室市に5万円を納めるという点です。ここで納める5万円は、自分で好きな自治体に納めるので、先払いになります。そのため、税務署に「根室市に5万円払ったから、高崎市に納める分は5万円引いてね」と言わなければなりません。その申告する行為がまさに確定申告なのです。

長々と書いてしまいましたが、少しは理解いただけたでしょうか?つまり、僕はふるさと納税を行ったので、税金を減額&還付してもらうために確定申告をしたのです。ただし、実は現在、便利なワンストップ特例制度というものがあり、もともと確定申告をする必要のないサラリーマンであれば、確定申告をする必要がありません。

「じゃあ、なんでお前は確定申告したんだよ」と言われるかもしれませんが、理由がちゃんとあります。

それは単純に、ワンストップ特例制度の条件を満たさなかったから。簡単に言うと、5つの自治体までならOKなのに、僕は6つの自治体に寄付をしてしまったから、ということです。単純ですよね。いろいろなところにしたかったので、仕方ないです(笑)

そんなこんなで、確定申告した理由の1つ目は、「ふるさと納税の減税&還付を受けるため」ということでした。

株の損益通算

さて、確定申告をした2つ目の理由は、株の損失の損益通算をしたかったからです。

僕は2年ほど前から株の売買を始めました。最初はびくびくしながら少額で始めていたのですが、少し利益が出たときに運用額を大きくしてしまいました。すると、もうお分かりかと思いますが、株価が下がり、損失が出てしまったのです。。。

そんな悲しい出来事がありましたが、今後のためにできることがありました。それが、株の損失の損益通算なのです。簡単に言うと、3年前までの損失を申告しておくと、今後利益が出たときに、損益を通算できるということです。

まだわかりにくいですよね(笑) では数字を使って説明してみます。

2年前:-100万円(0円)
1年前:+20万円(4万円)
今年:120万円(24万円)

の損益があったとします。この時、何も申告しない場合税金がどうなるかというと、利益に対して20%課税されるので、カッコの中の金額が税金となります。

しかし、損益通算を行うと、1年前の時点では-100+20=-80万円となり、通算では利益が出ていないので税金が0円となります。そして、今年の場合は、-100+20+120=40万円となり支払う税金は40×0.2=8万円となります。さて、支払う税金の額を合計してみると

〇何も申告しない場合
0+4+24=28万円

〇損益通算した場合
0+0+8=8万円

となり、20万円も違いが出てきます。この損益通算のメリットが伝わったでしょうか?(株をやっていない人にはまったく無意味ですが、、、)

株の売買で損失がある場合は申告しておくことで、後々の税金を安くできる可能性があるというお話でした。

もちろん、利益が出なければ損益通算できないし、そもそも損失が出ている時点で悲しいんですが。。。

まぁ、しないよりは良いし、今年は株でしっかり儲けをだすぞ!という意気込みでもあります(笑)

まとめ

初めて確定申告をしてみましたが、意外に簡単だと感じました。税理士の人に簡単な質問くらいならする余裕もありました。少なくとも、仕事を辞めてフリーランスになると、自分で確定申告する必要があるため、良い機会だったと思います。

僕と似た境遇の人がどれだけいるかわかりませんが、少しでも参考になれば良いなと思いながら、今日の話を終わりにします。

それでは今日はこの辺で。
ではまた!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-お金, 自分

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログは心の支え

ブログは心の支えになっている

こんにちは。 ゆうです。 「29歳サラリーマンが会社を辞めたくて始めたこと」というタイトルの記事を書いてから1か月以上が経ったけど、まだまだ会社を辞められるような状況じゃないなと思う今日この頃。 今日 …

新年の抱負みたいなもの(ブレイン・プログラミング)

ゆうです。 明けましておめでとうございます。 とは言っても、年が明けてから約1か月が過ぎていますが(笑) 前回の投稿から3か月近く経ち、なんとなく投稿するタイミングを失っていました。そして、ブログを開 …

住民税修正後

本当は怖い、ふるさと納税と確定申告の話。

こんにちは。 ゆうです。 大げさなタイトルをつけてしまいましたが、自分に起こった確定申告にかかわるトラブルを紹介したいと思います。 目次1 初めての確定申告2 還付は所得税分だけ。残りは住民税が割引3 …

会社を辞めるために必要なお金の話

会社を辞めるために必要なお金の話

こんにちは。 ゆうです。 今日は会社を辞めたいと思ったときに必要なお金の話書いていきます。 目次1 現在の支出は?2 会社を辞めてすぐにかかる費用は?2.1 住民税2.2 引っ越し費用2.3 次の仕事 …

自己理解始めました

自己理解始めてそろそろ1か月 まとめてみました。

こんにちは。 ゆうです。 自己理解プログラム始めて約1ヶ月が経ったので、今までの経過をまとめてみたいと思います。 (ほんとは週一くらいでまとめたかったんですが。。。) 目次1 自己理解プログラムでやっ …

スポンサードリンク

プロフィール



ゆう
自己理解プログラム始めてみました。
自己理解とか島旅とか。30過ぎたサラリーマンが人生変えようと始めたブログ。
離島への旅と料理が大好きです。
いろいろなことにチャレンジしていきます。
今は自己理解と英語とトレーニング!
詳しいプロフィールはこちらです。
Twitterはこちら。